目の印象を変えよう|二重整形を受ける前に費用相場をチェック

医者
  1. ホーム
  2. 整った顔にするために

整った顔にするために

女性

押さえておくべきポイント

最近は女性だけでなく男性にとってもコンプレックスとなるのが一重です。人によっては目が小さく見えてしまったりきつく見えてしまうこともあるため、二重になりたいと考えている人も少なくありません。そのため最近では整形を検討する人もいますが、費用などがネックとなり躊躇することもあります。そんな事態を避けるために、まずはそれぞれのポイントについてしっかり押さえておくことをお勧めします。まずなんといっても重要なのがどのような整形を行うのかという点で、今まで美容整形を受けたことのない人の多くが、メスを利用する事に抵抗があるため受けていないとされています。しかし技術の進んだ今では、メスを利用すること無く目元を二重にすることが可能です。まず挙げられるのが埋没法と呼ばれる処置で、これはまぶたに糸をその名の通り埋め込む処置で、非常に簡単に行うことができるので、現在二重の整形を受けている人の8割ほどがこの処置を選んでいるとされています。また傷口などが非常にわかりづらく、整形を受けたことが人に知られたくないという人も安心して受けることが可能です。ただしこの糸はいつか切れてしまったり、体内に吸収されてしまうため、場合によっては再度処置を受けなければならない事があります。一方でメスを利用して受ける処置もあり、少し傷口が目立ってしまうこともありますが、半年から1年ほどで傷口が見えにくくなり、埋没法よりも遥かに長持ちするのが特徴です。また二重にするときだけでなく、まぶたのたるみを除くことができ、同時に目を大きく見せることが可能です。ただし腫れが長引くため、忙しい社会人などは受けにくいというデメリットも存在します。このように大きく分けて二つの方法がありますが、当然相場や費用もそれぞれ大きく違います。まず埋没法ですが、簡単に受けることができるので比較的安く、おおよそ5万円から10万円程度が相場とされています。また何度か受けなければならないため、クリニックなどによっては再度埋没法を利用した場合、費用の割引などを行っているところもあります。簡単に利用できることからプチ整形と呼ばれ、場合によっては学生のうちから利用する人もいるほど評判は悪くありません。一方で切開法の場合、どうしてもメスを使った処置になるため、費用が高く設定されることが多く、30万円から50万円が相場とされています。これだけ大きく料金が変わる理由として、美容整形は自由診療となるため、ある程度自由に費用が設定できるという点にあります。またクリニックのブランド力やアフターサポートなども料金に含まれていることもあり、一見高額に見えてもサポートやサービスを考えたら割安ということもあります。また場合によっては麻酔を利用することもあるため、費用が高く設定されていることもあります。特に切開法を利用する場合は、麻酔費用が別途徴収されるかどうかも確認するポイントとして押さえておかなければなりません。どちらの処置を選ぶ場合でも、口コミサイトやランキングサイトなどを活用し、評判の良いクリニックを選ぶことをお勧めします。